ひとり親家庭ホームヘルプサービス事業

更新日:2017年04月28日

ひとり親家庭が修学等の自立を促進するために必要な事由または疾病等の理由により、一時的に生活援助もしくは子育て支援が必要な場合、または生活環境等の激変により、日常生活を営むのに支障が生じている場合に、ホームヘルパーを一定期間派遣する制度です。

対象者

市内に住所を有する義務教育終了前の児童のいるひとり親家庭であって、次のいずれかに該当するため家事または育児等の日常生活に支障をきたしている家庭

  • ひとり親家庭となって2年以内であり、生活環境が激変したため日常生活を営むのに支障が生じており、支援を必要とする場合
  • 技能習得のため、職業能力開発センター等に通学している場合
  • 疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、学校等の公的行事の参加等により一時的に生活援助が必要な場合
  • 児童が小学校低学年以下であり、かつ、当該児童を扶養している者が就業している場合
  • その他、ひとり親家庭のためホームヘルプサービスが必要と認められる場合

派遣回数および派遣時間

原則として月12回以内、技能習得のために職業能力開発センター等に通学している場合は原則として月24回以内。 午前7時から午後10時までの間の1時間単位で1日2時間以上8時間以内(1日1回限り)

費用

所得に応じて自己負担があります

手続きに必要なもの

  • 印鑑
  • 児童扶養手当等証書の写し
  • 所得を証する書類 など
この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども家庭支援センター 相談係 電話042-550-3313