産後ケア事業

更新日:2019年10月08日

産後に家族などから十分な援助が受けられず、心身のケアや育児のサポート等を必要とする母子に対して、安心して子育てができるように産後の支援を行います。

宿泊型

委託する施設で宿泊中の利用者に対して、助産師等が心身のケアや育児のサポート等を行い、退院後も安心して子育てができるように支援します。

事業開始日

令和元年10月1日(火)から

実施場所

公立阿伎留医療センター

住所:あきる野市引田78-1

ケアの内容

  • 母子の身体的ケア、保健指導、栄養指導
  • 適切な授乳を行うためのケア
  • 育児の方法についての具体的な指導、相談
  • 生活の相談、支援

対象

次の項目に全て該当する母子が対象です。

  1. 市内に住所がある方
  2. 家族などから十分な家事、育児等の援助が受けられない方
  3. 市のアセスメント等により、産後に心身の不調や育児不安などが認められる方

利用期間

産後に退院した日から4か月以内

※多胎の場合は6か月まで利用できます。

利用日数

通算5泊6日まで

※多胎の場合は7泊8日まで利用できます。

※日数を分割して利用することもできます。

利用時間

利用開始日の午前10時から利用終了日の午前10時まで

利用者負担費用

宿泊日数によって利用者負担費用があります。費用は利用施設にお支払いいただきます。

  • 1泊2日・・・7,000円
  • 2泊目以降・・・1泊につき3,000円(連続で宿泊した場合)

※多胎の場合は1人につき500円の追加料金があります。

※分割して利用した場合、2回目以降の1泊目は7,000円です。

※次のいずれかに該当する方は利用料金が免除されます。

  • 生活保護受給世帯
  • 住民税非課税世帯
  • 中国残留邦人

利用者負担費用早見表(連続で宿泊した場合)

利用日数

1泊2日

2泊3日

3泊4日

4泊5日

5泊6日

利用料金

7,000円

10,000円

13,000円

16,000円

19,000円

双子の場合

7,500円

10,500円

13,500円

16,500円

19,500円

利用開始までの流れ

お住いの地区の担当保健師にご相談いただくか、利用相談・申請窓口にご連絡ください。

産後ケアのご利用にあたっては市が一定のアセスメント等を実施し、産後ケアを利用できるかの可否について、別途ご案内します。

1.利用申請

 利用者ご本人が窓口でご申請ください。

 申請時に保健師と面談をさせていただきます。

【申請に必要な持ち物】

  • 母子健康手帳
  • 印鑑

※利用者ご本人が窓口にお越しになれない場合は、利用相談・申請窓口にご相談ください。

2.利用決定

 市から利用決定について通知をお送りします。

 利用についてのご案内もあわせてお送りしますので、ご確認ください。

3.利用開始

 利用開始日当日の朝10時に、以下の持ち物を持って利用施設に直接お越しください。

 【利用時にお持ちいただく物】

  • 母子健康手帳
  • 保険証
  • 入院中の着替えや下着、ナプキンなど
  • 洗面用具、ティッシュペーパー、タオルなど
  • かかとが覆われている滑らない履物
  • 使い慣れている円座や授乳クッション
  • 赤ちゃんの衣類
  • 授乳用ガーゼハンカチ
  • オムツやおしり拭き、ビニール袋

 ※利用者負担費用については利用施設にお支払いいただきますので、ご用意ください。

利用のキャンセル

利用開始日の4日前までに利用相談・申請窓口にご連絡ください。

注意事項

  • 利用開始日に市に住民登録がない方はご利用いただけません。
  • 医療行為が必要な方や、感染症の疑いがある方はご利用いただけません。
  • 宿泊は産後の母子に限ります。父、子の兄弟などはご利用いただけません。

利用相談・申請窓口

あきる野市 健康課 母子保健係

◯あきる野ルピア2階「あきる野子育てステーションここるの」内(住所:秋川1-1-8)

  TEL 042-550-3340

  月曜日から土曜日(祝日・第3水曜日を除く) 午前10時~午後6時30分

◯あきる野市役所4階(住所:二宮350)

  TEL 042-558-5091

  月曜日から土曜日(祝日を除く) 午前8時30分~午後5時15分

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 健康福祉部 健康課 母子保健係

市役所本庁舎4階 内線2666、2667

あきる野ルピア2階「あきる野子育てステーションここるの」内 042-550-3340