手当・医療助成

更新日:2017年04月01日

ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進を通して児童の福祉の増進を図ることを目的とする福祉の制度です。手当、医療証にはそれぞれ所得等による条件があります。詳しくは各ページをご覧ください

手当

東京都の制度で、児童の心身の健やかな成長に寄与し、児童福祉の増進を図ることを目的としています。児童育成手当を受けるためには申請が必要です。
離婚や死亡などで父または母がいない児童を養育している人に支給されます。

母子世帯・父子家庭等の生活の安定と自立の促進を通して児童の福祉の増進を図ることを目的とする福祉制度です。

手当の支給にあたっては、所得による支給制限があります。手当を請求する方(父母または養育者)もしくは、扶養義務者が所得限度額以上であるときは、手当の全部または一部を支給できません。

医療助成

ひとり親家庭等の方が病気やケガなどをしたとき、安心して病院などで受診できるように医療費の自己負担分を助成する制度です。申請後、制度に該当すると医療証を発行します(後日、ご自宅に送付)。医療証と健康保険証を一緒に都内の医療機関で提示すると保険診療の自己負担分が助成されます。所得制限があります。

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681