義務教育就学児医療費助成

更新日:2017年04月01日

 義務教育就学期(6歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間)にあるお子さんの医療費を助成する制度です。審査後、制度に該当すると医療証を発行します。

東京都が定める制度です。

対象

 市内に住所を有する義務教育就学期(6歳に達する日の翌日以後の最初の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間)にあるお子さんを養育している方で、国民健康保険や健康保険など各種医療保険に加入しており、所得制限の範囲内の方が対象となります。

※転入などの際は、必ず1ヵ月以内に申請をしてください。申請がない場合、さかのぼって認定することはできませんので、ご注意ください。

内容

  • 入院・調剤・訪問看護の場合は、国民健康保険や健康保険など各種医療保険の自己負担分を助成します(入院時食事療養標準負担額を除く。)。

  • 通院(柔道整復等の施術を含む)の場合は、国民健康保険や健康保険など各種医療保険の自己負担額から一部負担金(通院1回につき200円(上限額))を控除した額を助成します。

対象とならないもの

  • 医療保険の対象とならないもの(健康診断、予防接種、薬の容器代、差額ベッド代、紹介状を持たずに受診した200床以上の病院の初診料等)
  • 保育園等管理下の傷病で、独立行政法人日本スポーツ振興センター法に基づく災害共済給付制度対象の場合
  • 健康保険組合等から支給される高額療養費・附加給付に該当する医療費
  • 他の公費医療で助成される医療費

所得制限限度額表

義務教育就学児医療費助成制度には所得制限があります。

所得制限限度額については、下記をご覧ください。

手続きに必要なもの

(1)はんこ

(2)対象児童の健康保険証

(3)申請者本人の健康保険証

(4)申請者等のマイナンバーが分かる書類

(5)本人確認書類(運転免許証等)

(6)その他、必要に応じて書類を提出していただく場合があります。

その他

  •  届出の内容が変わったときは、手続きが必要です(住所や氏名、健康保険証に変更があったときや、所得の修正申告を行ったときなど)。
  • 医療証を紛失したときは、医療証の再発行を行います。

 ※ひとり親家庭等医療費助成制度心身障害者医療費助成制度をお持ちの方で、一部負担金(自己負担金の1割)の生じる医療証をお持ちの方は、本助成制度の対象となりますので、子ども政策課へご相談ください。

申請書などをダウンロードできます

子ども政策課へご提出ください

次のようなときは手続きが必要です

● 受給対象となる児童が増えた

   新たに受給対象となるお子さんについて、医療証交付申請書(PDF:8.6KB)を提出してください。

● 他市区町村へ転出した

   あきる野市での受給資格が消滅しますので、消滅届(PDF:224.7KB)を提出してください。

      また、転出先の市区町村へ新たに認定請求をする必要があります。

● 受給対象となる児童がいなくなった

   児童が受給要件に該当しなくなった場合には消滅届(PDF:224.7KB)を提出してください。

● 市内で住所が変更になった

   あきる野市内で住所を変更した場合には、変更届(PDF:224.7KB)を提出してください。

      ⇒申請後新しい医療証を発行します

● 受給者、及び児童の名前が変わった

   変更届(PDF:224.7KB)を提出してください。⇒申請後新しい医療証を発行します

● 健康保険が変わった

   変更届(PDF:224.7KB)を提出してください。新しい健康保険証の写しを添付してください。

● 医療証を紛失した

   再交付申請書(PDF:118KB)を提出してください。⇒申請後新しい医療証を再交付します

 

上記のほかにも、変更がある場合は手続きをお願いする場合があります。

 

郵送での申請について

郵送での申請を希望される場合は、事前にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。