あきる野市地域子ども育成リーダー

更新日:2018年08月03日

地域子ども育成リーダーとして、新たに14人を認定

7月26日に市役所で平成30年度地域子ども育成リーダー認定式が行われ、全3回の研修会を修了された方を、地域子ども育成リーダーとして、新たに認定しました。 子どもの学習、スポーツ、文化活動、郷土芸能等の指導・活動支援、地域での見守りなどの活動をしていただき、子どもたちの成長を支えていきます。

研修会・認定式に関してはこちらをご覧ください。 ⇒  研修会・認定式(PDF:22KB)

平成30年度認定式

(認定式の様子)

平成29年度以前の研修会・認定式

平成30年7月現在 地域子ども育成リーダー認定者 計166名

あなたのキャリアを子どもたちのために生かしませんか?

地域子ども育成リーダー制度

少子化が進み、子どもを取り巻く環境が大きく変化する中、子どもが健やかに成長するためには、家庭や学校だけではなく、地域の大人たちが子どもを見守り、成長を支える取組が必要です。

地域の絆を深めるとともに、郷土愛を持った「あきる野っ子」を育てるため、大人たちの知識、経験などを生かして、それぞれの地域における子どもの安全・安心の確保と健全な育成を担う「あきる野市地域子ども育成リーダー制度」を創設しました。

この制度は、市が主催する研修を修了された方を「あきる野市地域子ども育成リーダー」として市長が認定するもので、認定された方々には、長年の経験、知識、技術を生かした、子どもの学習、スポーツ、文化活動、郷土芸能等の指導・活動支援や、地域での子どもの見守りなどについて活動していただきます。

対象者

子ども・子育て支援活動に意欲・関心のある方や地域で子どもの育成に関わっている方などで、自ら「地域子ども育成リーダー」として活動できる20歳以上の方

リーダーの主な活動

子どもに関する知識や支援活動の意欲を高めて、自分にできる子ども・子育て支援に取り組んでいく。

1 自らの持つ長い経験や知識、技術などを生かして、子どもの学習、スポーツ、文化活動、郷土芸能等の指導や活動支援

2 地域での子どもの見守りや、子どもに対しての危機に関する情報の収集など子どもの安全・安心の確保

3 子どもの健全な育成などについてのリーダー間での情報交換

登録期間

3年 (期間内に、市が主催するフォローアップ研修を修了した場合は更新できます。)

地域子ども育成リーダー提案事業

地域子ども育成リーダーの専門性を生かし、子どもの育成、子育て支援等に関し、子ども育成リーダーが主体となって市と協働して目的達成に向け取り組むための制度です。

地域子ども育成リーダー提案事業に関してはこちらのページをご覧ください。 ⇒ 地域子ども育成リーダー提案事業

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。