職場における子育て支援

更新日:2017年03月30日

 従業員の方々が、仕事と子育てが両立できる働きやすい職場環境づくりのために、厚生労働省では、子育て中の従業員がいる企業を応援する取組を実施しています。

子育てサポート企業として、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

 仕事と子育ての両立を図るための行動計画を作り、目標を達成するなどの要件を満たした場合、必要書類を添えて申請すると、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。

 認定を受けると認定マーク(愛称:くるみん)を、商品や広告などに付けて、子育てサポート企業であることをPRできます。

 その結果、企業イメージの向上や従業員のモラールアップと生産性の向上、従業員の採用・定着が期待できます。

(出典:厚生労働省ホームページより)

 

あなたも「イクボス」になりませんか?

 イクボスとは、部下の仕事と生活の両立を応援し、業績も出しつつ、自らも仕事と生活を楽しむことができる経営者や管理職のことをいいます。また、仕事と生活の両立に理解していることを、部下に向けて宣言することを「イクボス宣言」といいます。

 子育て世代の従業員が、仕事と育児を両立しながら能力を発揮し、成果を上げることができるような職場の環境づくりにご理解ご協力をお願いします。

※ 「くるみん」、「イクボス」の詳細は、厚生労働省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/)をご覧ください。

 

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681