特別児童扶養手当(国制度)

更新日:2017年04月01日

精神または身体に障害を有する児童について手当を支給することにより、児童の福祉の増進を図ることを目的にしている手当です。

対象

20歳未満で心身に障がいがあり、その程度が次のいずれかに該当するお子さんを養育している父母または養育者に支給します。所得制限があります。

  • 身体障害者手帳1、2、3級及び4級の一部
  • 愛の手帳1、2、3度程度
  • 手帳を持っていなくても長期安静を要する病状または精神の障がいにより日常生活に著しい制限を受けるお子さん

※手当の額は、障害の程度により異なります。

支給対象外

次のいずれかに該当するときは支給されません。

  1. 父母または養育者およびその扶養義務者の所得が限度額以上の場合
  2. 児童が児童福祉施設に入所している場合
  3. 児童が障害を理由とする公的年金を受けることができる場合

所得制限

所得制限限度額表
扶養親族等人数 本人 配偶者及び扶養義務者
0人 459万6千円 628万7千円
1人 497万6千円 653万6千円
2人 535万6千円 674万9千円
3人 573万6千円 696万2千円
4人 611万6千円 717万5千円
5人 649万6千円 738万8千円

※上記の所得限度額を超過した場合、当該年度の手当は支給停止となります。

(支給停止とは手当の受給資格を持っている状態で手当の支給が停止されている状態をいいます。)

手当額(月額)

  • 手当等級1級・・・51,450円(平成29年4月から)
  • 手当等級2級・・・34,270円(平成29年4月から)

手当額は全国消費者物価指数に応じて随時改定があります。

支給月

4月、8月、11月または12月の各11日(11日が土曜・日曜・祝日の場合は、その前日。支払開始月は、原則として申請した月の翌月以降)

手続きに必要なもの

  • はんこ
  • マイナンバー
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 申請者名義の預金通帳
  • 申請者、対象児童の戸籍謄本 ※特別児童扶養手当の申請をあきる野市に提出する方で、あきる野市に戸籍謄本がある方の戸籍謄本は無料になります。子ども政策課窓口へ問い合わせてください。
  • 世帯全員の住民票の写し
  • 障がいを証明する書類
  • 課税(非課税)証明書 ※市外から転入された次の方のみ必要です。
    ・1月~7月の間の申請で、前年の1月1日にあきる野市に住所がなかった方                                             →前年の1月1日現在の住所地の区市町村長発行のもの

    ・8月~12月の間の申請で、今年の1月1日にあきる野市に住所がなかった方                                        →今年の1月1日現在の住所地の区市町村長発行のもの

    ※上記の期日にあきる野市に住所があった方は、証明書を提出する必要はありません。

  • 要件によっては、ほかに書類が必要な場合もあります

各種届出

特別児童扶養手当を申請され認定された方は、次の届出が必要となります。

所得状況届

児童の扶養状況や前年の所得状況を確認するための届で、毎年8月中旬から8月下旬までの間に全員の方に提出していただきます(8月上旬までに書類を送付します)。

この届を期限までに提出されないと手当を受けられなくなったり、支払いが遅れたりすることがありますので、必ず期限までにご提出ください。

有期診断書

支給対象児童の障害の程度を定期的に確認するための手続きで、提出の時期は個別に定められます(事前に書類を送付します)。この手当は、障害の程度や状態を確認したうえで、期間を限って支給しているため、期間が切れる時期に改めて障害認定診断書の提出が必要となります。

障害認定診断書が期間を経過したあとで提出された場合、遅れた期間は手当が支給されません。提出された翌月からの支給となりますので、必ず期限までにご提出ください。

その他

次の場合は、手続きが必要です。必ず届け出てください。

  • 児童が別居するなど養育関係に変更があったとき
  • 児童福祉施設などに入所したとき
  • 受給者の氏名が変更したとき
  • 受給者もしくは児童が死亡したとき
  • その他受給資格に該当しなくなったとき

 

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681