乳幼児に起こりやすい事故

更新日:2017年03月29日

子どもの死亡事故の原因の1位は不慮の事故です。年齢によって起こりやすい事故を知っておくことが、事故の予防につながります。

重要ポイント

万が一の時は、赤ちゃんの年齢・いつ・何を・どのくらいの量を飲んだのかなど、現在の容態等を確認しておく。

事故や原因
新生児 周囲の不注意、誤って上から物を落とす
1~6か月 ベットからの転落、ストーブのやけど、タバコや小さなおもちゃなどの誤飲
7~12か月 階段からの転落、アイロンやポットのやけど、浴そうへの転落・おぼれ、引き出しの中の薬などの誤飲、座椅子からの転落
1~4歳 いたずらによるやけど、水遊びによるおぼれ、飛び出し事故

※一度お子さんの目の高さに立ち、家の中を点検してみてください

この記事に関するお問い合わせ先

あきる野市役所 子ども家庭部 子ども政策課 子ども政策係 内線2681